2019年4月25日木曜日

天然のアラスカ産ブルーベリーがスゴイ!

 こんにちは
これは友人の結婚式のときにもらったお花に乗っけて撮ったサンライズの写真です。
カイアニの朝飲むサプリメント、サンライズが私、とにかく大好きなのですが、
今回、この主原料のワイルド・アラスカ・ブルーベリーについて書かれた短い記事を見つけたので、訳してシェアさせていただきますー!


オリジナルはこちら、Garden of Life (ガーデン・オブ・ライフ)というサイト。
タイトルは、

オーガニック・アラスカン・ブルーベリー

です。(Chiemiの意訳です、ご了承ください)

ドーン・ソープ・ジャービス著
ガーデンオブライフ 栄養科学、教育内容担当上級ディレクター

真夜中に太陽が輝く場所からの自然の驚異


ブルーベリーは、抗酸化物質が非常に豊富な食料源の1つであると考えられていることから、よくスーパーフルーツと呼ばれます。
ブルーベリーは、フラボノイドであるアントシアニンと呼ばれる天然の色素により、素晴らしく濃い青い色をしています。
これらの天然の化合物は抗酸化力が高く、健康上のベネフィットをたくさんもたらしてくれます。
高レベルで幅広い抗酸化物質を含むだけでなく、ビタミンCも豊富なブルーベリーは、細胞をダメージから守ります。

米国農務省(USDA)が20種類以上の様々な果物の抗酸化能力を比較したところ、ブルーベリーがリストのトップにあがりました。
研究で、1食分1カップのワイルド・ブルーベリー(天然のブルーベリー)は、クランベリー、いちご、プラム、ラズベリーのそれぞれの1食分よりも高い抗酸化力があることがわかりました。
興味深いことに、ワイルド・ブルーベリー(天然のブルーベリー)の抗酸化力は、栽培されたブルーベリーよりも48パーセントも高かったのです。

ブルーベリーに含まれるフラボノイドは、抗酸化効果だけでなく、強い抗炎症作用ももたらしてくれます。
これらのフラボノイドは、心血管の健康をサポートし、健康的なレベルの血糖値をサポートし、視力も守ってくれることがわかりました。

アメリカを代表する脳の健康のエキスパートの一人と考えられている、神経科医のドクター・デビッド・パールマターに尋ねてみましょう。きっと、ブルーベリーはあなたの脳に良いもので、保護してくれるものだと答えるでしょう。
ブルーベリーに含まれるフラボノイドは、記憶力、学習能力、一般的な認識機能を改善する可能性があるという、新たな研究結果が出ています。
成人の認識機能を食事習慣で比較した研究では、フラボノイドの消費が、老化に伴いしばし見られる精神的能力の低下を遅らせるのに役立つ可能性があり、アルツハイマーやパーキンソン病のような疾患の予防に役立つ可能性さえあることが示唆されています。

ガーデンオブライフでは、昨今、有益なフラボノイドや、他の栄養素が非常に豊富な、アラスカン・ブルーベリーを入手しました。
植物が、アラスカの荒野の厳しい環境で生育すると、素晴らしいことが起こります。
成長する夏の季節は、ほぼ24時間、太陽が照りつけ、高レベルの紫外線にさらされ、そして極寒のアラスカの冬と、1年中冷たい土壌は、植物の根の構造にストレスを与えます。
植物は、天然のストレスと戦う化合物、特にフラボノイドを生成することで対応しますが、これらは私たちの健康に非常に有益なものです。
アラスカン・ブルーベリーは、緯度の低い地域で成長した他のベリー類と比較すると、生物活性化合物および抗酸化能力が最大で10倍も含まれているのです。

*********

いかがでしたか?
厳しい環境で育った子は強い!
がしかしながら、このアラスカの天然のブルーベリー、そのまま食べるとすっぱしぶい味なんだそうです。
カイアニのサンライズなら美味しく飲めるのにね。

ということで、サンライズの動画をどうぞ。
上の記事を読んだ後だと、さらに、なるほど、サンライズってこういう構成なのか!とよくわかってもらえると思います。







2019年4月1日月曜日

科学的根拠に基づくオメガ3脂肪酸の17のベネフィット

カイアニの製品の3つの製品はそれぞれ人気でどれも欠けては困るものですが、
サンセットの人気は非常に根強いと思います。
カイアニのサンセットには、アラスカ産の天然魚からとれるフィッシュオイルがベースのオメガ3と、天然のビタミンA(ベータカロチン)、ビタミンD、そしてスーパービタミンE(トコトリエノール)が含まれていますが、


今回、その中のオメガ3について調べてみました。
カイアニのサンセットにはオメガ3が一回3粒に対し、500mg含まれており、その中の32%がEAP、13%がDHAです。


以前、カイアニを飲み始めたという女性からお電話をいただき、「これまでフィッシュオイルを飲んできましたが、カイアニのサンセットを飲むと明らかに違うのです」と教えてくださったことがありました。
私もサンセットは大好き!

以下は、Health Line(ヘルスライン)というサイトの記事です。Chiemiの意訳ですのでご了承ください。

なお、「~できます」のように言い切ってあるのは、英語が本当に言い切ってあるからそう書いたのですが、私としては、「・・・できる可能性がある」にとどめてお読みいただきたいです。
何しろオメガ3も食品に含まれている成分なので、薬のように混同してお読みになられませんよう、ご注意ください。

しかし、昔から「体にいいからお魚を食べなさい」と言われてきたのには、やっぱり理由があるので、以下は、知っていると、なかなか役に立つことだと思いますよ♪ 

科学的根拠に基づくオメガ3脂肪酸の17のベネフィット

オメガ3脂肪酸は非常に重要なものです。


オメガ3脂肪酸は、私たちの体と脳に非常に有益なベネフィットを備えています。
事実、オメガ3脂肪酸は徹底的に研究されている、数少ない栄養素のひとつです。

ここに、科学によって支持されているオメガ3脂肪酸の健康上のベネフィットを17個あげましょう。

1.オメガ3はうつ病や不安症と戦えます

うつ病はは世界でもっとも一般的なメンタル面での障害の1つです。
症状には、悲観的になる、無気力、生活において一般的な興味を失うことなどが含まれます。
不安症もまた、一般的な障害で、絶えず心配と緊張が続くことが特徴です。

興味深いことに、オメガ3を定期的に摂取している人は、うつ病になる可能性が低いことが、研究で示されています。

さらに、うつ病または不安症の人が、オメガ3のサプリメントを摂取しはじめると、症状が改善されるとのこと。

オメガ3には3つのタイプがあります:ALA、EPAそしてDHAです
3つのうち、EPAが最もうつ病には適しているようです。

ある研究では、EPAは、一般的な抗うつ剤と同様に、うつ病に対して有効であるということさえ明らかになっています。

まとめ

オメガ3のサプリメントには、うつ病および不安症の予防または治癒を助ける可能性がある。
EPAは、うつ病に対しもっとも効果的なようである。


2.オメガ3は目の健康を向上できます


オメガ3のひとつ、DHAは、私たちの目の網膜の主要な構成成分です。

十分なDHAを摂取しないと、視力に問題が生じる可能性があります。

興味深いことに、オメガ3を十分に摂取することは、黄斑変性症のリスク低減に関連しています。黄斑変性症は、永久的な目のダメージや失明を引き起こす世界最多の原因のひとつです。

まとめ

DHAと呼ばれるオメガ3脂肪酸は、目の網膜の主要構成成分。
DHAは視力障害や失明の原因となる黄斑変性の予防に役立つ可能性がある。


3.オメガ3は妊娠中や幼少期の脳の健康を促進できます


オメガ3は、乳児の脳の成長と発達に欠かせないものです。

DHAは私たちの脳内の多価不飽和脂肪酸の40%、目の網膜の60%を占めています

したがって、DHAを強化したミルクを与えられた乳幼児が、DHAを含まないミルクを与えられた乳幼児よりも視力が良いという結果が出ても、とくに驚くことではありません。

妊娠中に十分なオメガ3を摂取することと、子供にあらゆるベネフィットが与えられることは関連があると言われています。たとえば:

知能がより高くなる
コミュニケーションやソーシャルスキルがより高くなる
抗同情の問題がより少なくなる
発達の遅れのリスクを低減
ADHD、自閉症および脳性麻痺のリスクの低下

まとめ

妊娠中および幼児期に十分なオメガ3を摂取することは、子供の発達に非常に重要。
摂取することと、より高い知能および複数の疾患のリスク低減とは、関連があるといわれている。


4.オメガ3は心臓疾患の危険因子を改善できます


心臓発作と脳卒中は世界でもっとも多い死因の一つです。

数十年前、研究者たちは、魚を食する地域を観察したところ、これらの疾患が非常に低いことをつきとめました。
これは後にオメガ3の消費とつながりました。

以後、オメガ3脂肪酸は心臓の健康にあらゆるベネフィットをもたらすものと言われるようになりました。
これらのベネフィットは以下になります:

トリグリセリド:オメガ3はトリグリセリドを一般的に15-30%の範囲内で減少できる。

血圧:オメガ3は高血圧の人の血圧値を下げることができる。
「良い」HDLコレステロール:オメガ3は「良い」HDLコレステロール値を上げることができる。

血栓:オメガ3は血小板の凝集を防ぐことができる。これにより、有害な血栓の形成を防ぐのに役立つ。

プラーク:滑らかでダメージの無い動脈を維持することで、オメガ3は詰まらせたり硬化を招くプラークを防ぐのに役立つ。

炎症:オメガ3は私たちの体が炎症反応を起こしている時に放出されるいくつかの物質の生産を低減する。

人によっては、オメガ3は「悪い」LDLコレステロールをも低減することができる。
しかしながら、結果は混同しており、ある研究では、LDLが増加したと発表されています。
心臓疾患の危険因子へのこれらの有益な効果があるにもかかわらず、オメガ3のサプリメントが心臓発作あるいは脳卒中を防ぐことができるという説得力のある証拠はありません。

まとめ

オメガ3は非常に多くの心臓疾患の危険因子を改善する。
しかし、オメガ3のサプリメントは心臓発作あるいは脳卒中のリスクを低減するとは言えない。


5.オメガ3は子供のADHDの症状を低減できます

注意欠陥多動性障害(ADHD)は、不注意、多動および衝動を特徴とする行動障害です。

いくつかの研究では、ADHDの子供はオメガ3脂肪酸の血液レベルが健康な子供に比べて低いという結果が出ています。

さらに、オメガ3のサプリメントがADHDの症状を低減することができるという研究結果が数多く出ています。

オメガ3は不注意とタスクを完了することに関して改善に役立ちます。
また、多動、衝動、落ち着きのなさ、そして攻撃性を減少させるのに役立ちます。

近年、研究により、フィッシュオイルのサプリメントは、ADHDの最も有望な治療法の1つであると言われています。

まとめ

オメガ3サプリメントは子供のADHDの症状を改善することができる。
オメガ3のサプリメントは、多動、衝動、落ち着きのなさ、そして攻撃性を改善する。


6.オメガ3はメタボリックシンドロームの症状を軽減できます


メタボリックシンドロームはある一連の状態をいいます。

中心部の肥満、腹部の脂肪としても知られていますが、を含み、高血圧やインスリン耐性、高トリグリセリドおよび「良い」HDLコレステロール値が低いことも含みます。

広く一般的に健康上の懸念とされていますが、それは心臓疾患や糖尿病を含む多くの他の病気のリスクを高めるものだからです。

オメガ3脂肪酸は、メタボリックシンドロームの人の、インスリン耐性、炎症、および心臓疾患を改善できます。

まとめ

オメガ3はメタボリックシンドロームの人に対し、さまざまなベネフィットがある。
インスリン耐性を下げ、炎症と闘い、いくつかの心臓疾患の危険因子を改善することができる。


7.オメガ3は炎症と戦えます


炎症は、私たちの体内の感染や損傷に対する自然反応です。
よって、炎症は私たちの健康に必要なものです。

しかし、炎症は時に、感染や怪我が無くても、長期にわたり続くことがあります。
これを慢性、あるいは長期の炎症と呼びます。

長期の炎症は、心臓疾患やガンを含むあらゆる慢性の西洋疾患の一因となりえます。

とりわけ、オメガ3脂肪酸は、炎症性エイコサノイドやサイトカインなどの炎症に関連する分子や物質の生産を低減できます。

研究では一貫して、オメガ3を多く摂ることと、炎症の低減の関連性があると発表されています。

まとめ

オメガ3は心臓疾患やガン、様々なその他の疾患を引き起こすとされる慢性の炎症を低減することができる。


8.オメガ3は自己免疫疾患と戦えます


自己免疫疾患では、免疫システムが、異物細胞と間違えて健康な細胞を攻撃しはじめます。

1型糖尿病は、その1例で、膵臓内のインスリンを生産する細胞を、免疫システムが攻撃するのです。

オメガ3は、これらの疾患のいくつかと戦うことができ、また、特に初期の段階で重要である可能性があります。

研究では、生後1年目に十分なオメガ3を摂取することと、1型糖尿病、自己免疫性糖尿病、および多発性硬化症を含む、多くの自己免疫疾患のリスク軽減とは、関連があるという結果が出ています。

オメガ3はまた、ループス(狼瘡)、関節リウマチ、海洋性大腸炎、クローン病および乾癬の治療にも役立ちます。

まとめ

オメガ3脂肪酸は、1型労尿病、関節リウマチ、潰瘍性大腸炎、クローン病、乾癬などいくつかの自己免疫疾患と戦うのに役立つ。


9.オメガ3は、精神的障害を改善できます


精神的障害を持つ人は、オメガ3の量が低いことが報告されています。

研究では、オメガ3のサプリメントは、統合失調症および双極性障害の両方を持つ人の、気分の移り変わりと再発頻度を低減することができると示唆しています。

オメガ3脂肪酸のサプリメントは、暴力的な行動もまた、減少する可能性があります。

まとめ

精神障害を持つ人は、しばしばオメガ3血中濃度が低い。
オメガ3の状態を改善することが、症状の改善につながるようだ。


10.オメガ3は、加齢に関連する精神的衰退と、アルツハイマー病と、戦えます

脳機能の低下は、加齢に関連する避けられないものの1つです

いくつかの研究では、オメガ3を多く摂取すると、加齢による精神的衰退を低減し、アルツハイマー疾患のリスクを低減するという関連性が示唆されています。

対象試験で、アルツハイマー疾患の症状が非常に軽い場合にオメガ3を摂取する場合、症状の発症に非常に有益である可能性がある結果が出ています。

オメガ3と脳の健康においては、さらなる研究が必要です。

まとめ

オメガ3の脂肪は、加齢による精神性の衰弱と、アルツハイマー疾患を防ぐのに役立つ可能性があるが、さらなる研究が必要である。


11.オメガ3はガンの予防に役立つ可能性がります


ガンは西洋世界における主要な死因の一つであり、オメガ3脂肪酸は特定のガンのリスクを低減すると、長い間言われてきました。

興味深いことに、研究では、オメガ3を最も多く摂取している人たちは、大腸がんのリスクが最大で55%低いという結果が出ています。

さらに、オメガ3を消費することと、男性の前立腺がん、および女性の乳がんのリスクの低減は関連しています。
しかしながら、すべての研究で同じ結果が出ているわけではありません。

まとめ

オメガ3の摂取により、大腸がん、前立腺がん、乳がんを含むある特定のガンのリスクを低下する可能性がある。


12.オメガ3は小児喘息を低減できます

ぜんそくは、咳、息切れ、喘鳴などの症状を伴う慢性肺疾患です。

ひどい喘息の発作は非常に危険です。
ぜんそくは、気道や肺の炎症と腫れにより起こります。

さらに、米国におけるぜんそくの数はここ数十年の間、増え続けています。

いくつかの研究で、オメガ3の消費と、子供や若年層のぜんそくのリスクの低減には、関連があることがわかりました。

まとめ

オメガ3の摂取は、子供および若年層の双方のリスク低下と関連している。


13.オメガ3は肝臓の脂肪を減らせます


非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)の方は、私たちが思うよりも多くいます。

肥満の数が一気に増えたことに伴い、西洋世界では、慢性の肝臓疾患のもっとも一般的な原因となっています。

しかしながら、オメガ3脂肪酸を摂取すると、NAFLDの患者の肝脂肪と炎症は、効果的に低減します。

まとめ

オメガ3脂肪酸は非アルコール性脂肪肝疾患の患者の肝脂肪を減らす。


14.オメガ3は骨と間接の健康を改善する可能性があります


骨粗鬆症と関節炎は骨格系システムに影響を与える一般的な二大疾患です。

研究で、オメガ3は、骨のカルシウム量を増やすことで骨の強度を増すので、骨粗鬆症のリスクを低減することにつながる、という結果が出ています。

オメガ3はまた、関節炎を治癒する可能性があります。
オメガ3のサプリメントを摂っている患者は、関節痛が減り、握力が増したと報告されています。

まとめ

オメガ3は骨の強度と、関節の健康を増す可能性があり、骨粗鬆症と関節炎のリスクを低減する可能性がある。


15.オメガ3は生理痛を和らげることができます


月経痛は下腹部と骨盤部分に生じ、腰や太ももにまで痛みが広がることもあります。

生活の質に大きく影響しかねません。

しかしながら、オメガ3を多く摂取している女性は、月経痛がおだやかであることが研究により繰り返し証明されています。

ある研究では、生理中の深刻な痛みの治癒において、オメガ3のサプリメントは、イブプロフェンよりも効果的であることが明らかにされました。

まとめ

オメガ3脂肪酸は、月経痛を軽減することができ、抗炎症薬のイブプロフェンよりも効果的である可能性がある。


16.オメガ3脂肪酸は、眠りを改善できる可能性があります


良い眠りは望ましい健康の基本の1つです。

研究では、睡眠不足は、肥満、糖尿病やうつ病を含む多くの疾患と結び付いていると考えています。

オメガ3脂肪酸のレベルが低さと、子供の睡眠障害、および大人の閉塞性睡眠時無呼吸は関連があります。

DHAのレベルの低さは、メラトニンという眠りにつくホルモンのレベルの低さと関連があります。

研究で、子供と大人の両方において、オメガ3を摂取すると、眠りの長さと質が向上したことが明らかになりました。

まとめ

オメガ3脂肪酸、特にDHAは、眠りの長さと質を改善する可能性がある。



17.オメガ3の脂肪は肌に良い


DHAは私たちの肌の構成要素です。
肌の大部分を構成する細胞膜の健康をつかさどっています。

健康的な細胞膜は、やわらかく、みずみずしく、しなやかでしわの無い肌をもららします。

EPAはまた、以下によりわたしたちの肌にベネフィットをもたしてくれます:
肌のオイル分泌と水分を管理します。
上腕によく見られる小さな赤いぽつぽつとして表れる毛嚢の過角化を防ぎます。
肌の老化を低減します。
にきびのリスクを低減します。

オメガ3はまた、太陽のダメージから肌を守ります。
EPAは、肌が日光にさらされた後に肌のコラーゲンを侵食してしまう物質が放出されるのを防ぐのに役立ちます。

まとめ

オメガ3は肌の健康を保ち、肌の老化を防ぎ、太陽のダメージから保護する。


結論

オメガ3脂肪酸は、理想的な健康には不可欠なものです。

脂肪の多い魚を週に2回食べる、というように、食事全体から摂取するのが、オメガ3の摂取を増やす最善の方法です。

しかし、脂肪の多い魚をあまり食べないのなら、オメガ3のサプリメントを摂ることを考えたほうが良いでしょう。
オメガ3が不足している人のために、これは健康を改善するのに安価で効果の高い方法です。


ブドウ種子抽出物のメリット:カイアニのサンライズに入っています!

わたくし、身体にいいと聞いて、家で使う油はオリーブオイル、ごま油、グレープシードオイルにしています。このグレープシードオイルは、ブドウのタネから取れる油ですが、 カイアニ の サンライズ には ブドウのタネからの抽出物 も入っています。(皮の成分も入っています) カイアニUS が...