2019年1月20日日曜日

数字で見るとけっこう衝撃的。だからカイアニは欠かせない、と思わされた図です。

「今も昔と変わらないように見える野菜でも、栄養素がこんなに減っている」

という、けっこう衝撃的なお話です。

以下は昔の日本食品標準成分表に載っていたもの。
1950年と2000年の50年でどれぐらい変わっているかの比較です。

今は2018年。それから18年たっているので、さらに減少していると予測できそうです。


上からほうれん草:50年でビタミンCは77%も減少しています。

昔は「貧血?ほうれん草を食べなさい」と言われていましたが、50年後にはその鉄分も、85%も減少し、15%しかありません

ビタミンAといえばニンジンでしたが、それもなんと、93%も減少しています。
ビタミンCは60%減少

キャベツに含まれるビタミンCも半減です。

春菊も冬に鍋に入れるといいお野菜ですが、ビタミンCは62%減少
鉄分も81%も減ってます

セロリビタミンCは77%減少

アスパラガスビタミンB2は半減。

玉ねぎカルシウムも半減です。私は玉ねぎにカルシウムがあることも知りませんでした。

それでも、ビタミンやミネラル、食物繊維や様々な栄養素が取れ、体にメリットがあることには違いないので、お野菜は食べるにこしたこと、ありません。

しかし、大気汚染やオゾン層の破壊、食品に含まれる添加物、生活する中でのストレスなど、以前よりも過酷な環境になっている昨今、食事だけで体を健康に維持できるのかどうか、これでは疑問に思えます。


きちんとしていたつもりでも、どうりで私は以前は不健康だったはず、と改めて思いました。

どうぞ、カイアニのある毎日を考えてみてください。

朝と夜(プラスで昼)に飲むだけです


食べる美容液、食べるサプリメント、などと言われる理由は、オーガニックのスーパーフードから出来ているから。

カイアニで、皆様の人生がより健康で、より豊かなものになりますように。





カイアニがインドネシア市場にオープンします

アロハ

この1月、インドネシアにカイアニがオープンします!



サプリメントはまだ販売されず、先にスキンケアシリーズのフルレッセからの販売になるようです。

1月24日にインドネシアはジャカルタに設立されましたカイアニオフィスにて、
ダイアモンド以上のリーダーと
アジア統括マネージャーのポール・ハーキ氏によるリーダーズミーティングが開催され


翌25日には、
美容アドバイザーのジョディー・ソパー氏のトレーニングが開催される模様です

ソフト・オープニング・パーティーは26日

インドネシアって、けっこう日本の方も住んでいらっしゃる国
今後が楽しみですね

ジャカルタのオフィスのアドレスは以下だそうです

Kyäni Indonesia Office
Centennial Tower Lantai 17 Unit A4
Jl. Jendral Gatot Subroto Kav 24-25
Jakarta - 12930


ブドウ種子抽出物のメリット:カイアニのサンライズに入っています!

わたくし、身体にいいと聞いて、家で使う油はオリーブオイル、ごま油、グレープシードオイルにしています。このグレープシードオイルは、ブドウのタネから取れる油ですが、 カイアニ の サンライズ には ブドウのタネからの抽出物 も入っています。(皮の成分も入っています) カイアニUS が...